2月も終わりに近づくと新年度の話が出てきます。
上の学校へ入る子たちなどは環境が変わるので
合唱団を続けられない子も出てきたりします。
せっかくいい声が出てるのに惜しいなということも
成長と変化は必ずあるものですけどね。

親も次年度の役員を引き受けるかどうかで
迷ったりする時期かもしれませんが
ありがたいことに?
来年度は話し合って役員が内定しています。
子どもががんばれるためにも親が楽しんでフォローしなくては。

この間、練習を見学したときに気づきましたが
たいていの子が譜面をみて、すぐに音が取れているのです。

まだ慣れない頃は、楽譜にドレミをふってなければ歌えなくて
「あ~書いてくるように言われたのに忘れてた!」と
練習に送る途中の車中で「酔う~」といいながら
半泣きでドレミを書いていたことを思い出しましたが
そういえばいつの間にか、なくなってたな~

そうか…楽譜が読めるというのはこういうことなのか
いつの間にか成長していたということなんでしょうかね。


音はとれるけどリズムは難しい『島人ぬ宝
でも、子どもにとっては難しい方がうれしいのか
沖縄曲の独特な雰囲気がいいのか
喜んでましたが。